北海道の子連れ旅行プランを考えよう!おすすめスポット10選まとめ

北海道の子連れ旅行

北海道旅行を子連れでする場合、「子供が楽しめる観光地ってどこなんだろう?」「費用を抑えて楽しむためにはどうしたらいいんだろう?」と、お悩みではありませんか?

北海道旅行を子連れで行って家族の思い出作りをしたいけど、北海道は広いため移動距離があるのでバスか車移動がほとんどです。

今回は、北海道旅行で子連れでも楽しめるおすすめ観光地と、移動で困らず費用も抑えながら思い出が作れる方法をご紹介します!
大人も子供も楽しめる最高の思い出作りの参考にしてくださいね♪

目次

北海道旅行を子連れで楽しめるスポット10選!

子連れ旅行

北海道を旅行するとなると、行きたい場所が多すぎて収集がつかなくなることもしばしば。

北海道の広さゆえに移動距離も頭に入れて、子連れで楽しめる観光地を探す必要があります。

そこで今回は、北海道内で大人も一緒に楽しめる子連れ旅行スポットを10つご紹介します!

旭川市 旭山動物園|子連れ旅行おすすめ①

この投稿をInstagramで見る

 

RIKUNOW(@riku_0710)がシェアした投稿

北海道といえば、旭山動物園ですよね。
王道ですが、大人も子供も一緒に楽しめるので北海道旅行で一度は訪れておきたい場所です。

旭山動物園にはキリンやペンギン、鹿や北極グマなどたくさんの動物を見ることができ、子供にとってとても楽しい場所です。
また、レストランがあるので食事もできます!

北海道旅行で子連れで訪れるには最高の場所ではないでしょうか?

旭川市|旭山動物園の詳細

施設 旭山動物園
所在地 〒078-8205 北海道旭川市東旭川町倉沼
入園料 大人:1,000円
子供(中学生以下):無料
休園日 4月上旬から下旬、11月上旬から下旬、年末年始
詳細URL 旭山動物園

登別マリンパークニクス|子連れ旅行おすすめ②

この投稿をInstagramで見る

 

yui.t(@yui_t1216)がシェアした投稿

北海道旅行を子連れでも楽しめるスポットは登別マリンパークニクスです。

ヨーロッパ風の建物で、北海道最大の水族館と言われています。
たくさんの魚を見ることができますし、ペンギンのパレードやイルカショー、アシカショーを毎日行っています。

登別温泉もあるので大人も子供も一緒に、ゆっくり一休みすることもできます!

登別市|登別マリンパークニクスの詳細

施設 登別マリンパークニクス
所在地 〒059-0492 北海道登別市登別東町1-22
入園料 大人:2,500円
子供:1,300円(3歳以下無料)
休園日 4月上旬の5日間
※休館日は変更があるのでホームページを要チェック!
詳細URL 登別マリンパークニクス

北海道オホーツク流氷科学センターGIZA|子連れ旅行おすすめ③

この投稿をInstagramで見る

 

sunlemio2(@sunlemio1)がシェアした投稿

北海道旅行を子連れでする場合、北海道オホーツク流氷化学センターGIZAで流氷体験をしましょう!
本物の流氷が展示されており、マイナス20度の世界を体験できます。

0度以下の水が蛇口から流れ、すぐに氷になっていく様子は子供にとっても勉強になるのではないでしょうか。
また、大人気の「クリオネハウス」には、100匹以上の天然クリオネが優雅に泳いでいてとても可愛いんです!

北海道だからこそ流氷体験ができる場所なので、大人も楽しめます。

紋別市|北海道オホーツク流氷科学センターGIZAの詳細

施設 北海道オホーツク流氷科学センターGIZA
所在地 〒094-0023 北海道紋別市元紋別11-6
入園料 大人:750円
子供(中学生以下):無料
休園日 毎週月曜日(祝日を除く)
詳細URL 北海道オホーツク流氷科学センターGIZA

サッポロさとらんど|子連れ旅行おすすめ④

この投稿をInstagramで見る

 

くー(@93kumi93)がシェアした投稿

サッポロさとらんどは、入園無料で利用できるレジャー施設(利用する施設によっては有料)で、園内ではバターやソーセージを作ったり、馬車や引き馬などの体験をすることが可能です。

また、ふれあい牧場ではポニーやウサギをはじめ、ヤギ・ヒツジ・ウシなどいろんな動物とふれあえるため、小さなお子さんにとっては良い経験になるでしょう!

札幌市|サッポロさとらんどの詳細

施設 サッポロさとらんど
所在地 〒007-0880 北海道札幌市東区丘珠町584-2
入園料 無料(有料施設あり)
休園日 10月1日〜4月28日 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日〜1月3日)
詳細URL サッポロさとらんど

北道立十勝エコロジーパーク|子連れ旅行おすすめ⑤

この投稿をInstagramで見る

 

masato_hokota(@masato_hokota2)がシェアした投稿

十勝川温泉から車を走らせること約2分のところにある「道立溶かしエコロジーパーク」は、十勝の素晴らしい自然を体いっぱいに感じながら学べる環境育成型の公園です。

園内にはさまざまな遊べる遊具などが設置されており、中でも高さ3.75mにも及ぶ日本最大級の「ふわふわドーム」は、こどもに大人気となっています。

河東郡|北道立十勝エコロジーパークの詳細

施設 北海道立十勝エコロジーパーク
所在地 〒080-0263 北海道河東郡音更町十勝川温泉南18-1
入園料 利用施設によって異なる
休園日 年末年始(12月29日〜1月3日)
詳細URL 北海道立十勝エコロジーパーク

ファームズ千代田 ふれあい牧場|子連れ旅行おすすめ⑥

北海道でも有数の観光地である美瑛町にある「ファームズ千代田 ふれあい牧場」は、ポニーやウサギをはじめ、ジャージー牛やヤギなどさまざまな動物とふれあえる施設です。

動物たちに餌をあげたり仔牛にミルクをあげたり、他にも乳搾りやバター・アイスクリーム作りなど、いろんな体験ができるため子連れ旅行にぴったりの場所となっています。

川上郡|ファームズ千代田 ふれあい牧場の詳細

施設 ファームズ千代田 ふれあい牧場
所在地 〒071-0242 北海道川上郡美瑛町春日台4221
入園料 無料
休園日 年中無休
詳細URL ファームズ千代田 ふれあい牧場

木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド|子連れ旅行おすすめ⑦

北海道紋別郡遠軽町にある「木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド」は、世界中の木のおもちゃを見ることができるミュージアムです。

積み木やからくりのおもちゃ、積み木パズル「キュボロ」など、実際におもちゃを手に取って楽しめるので、子供が喜ぶこと間違いなしといえるでしょう。

紋別郡|木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールドの詳細

施設 木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド
所在地 〒099-0701 北海道紋別郡遠軽町生田原143-4
入園料 おとな(中学生以上):630円
こども(小学生):320円
休園日 11月〜3月 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月28日〜1月1日)
詳細URL 木のおもちゃワールド館ちゃちゃワールド

十勝サホロリゾート ベア・マウンテン|子連れ旅行おすすめ⑧

この投稿をInstagramで見る

 

黒雪(@wampt_698)がシェアした投稿

十勝サホロリゾート ベア・マウンテン」では、ガラス張りの施設や鉄格子によって頑丈に守られた車・歩道橋からヒグマを観察することができます。

目の前でヒグマを見ることができるので子供だけでなく大人も一緒に楽しめ、1月上旬〜2月下旬の期間は1人4,400円(税込)で、冬の間ヒグマがどのように過ごしているのか観察できる「冬ごもり観察ツアー」にも参加可能です。

川上郡|十勝サホロリゾート ベア・マウンテンの詳細

施設 十勝サホロリゾート ベア・マウンテン
所在地 〒081-0039 北海道川上郡新得町新内
入園料 大人:1,870円
子供・シニア:1,320円
休園日 5月〜6月、9月〜10月 毎週火曜日(GW除く)
※状況により変動あり
詳細URL 十勝サホロリゾート ベア・マウンテン

士幌高原ヌプカの里|子連れ旅行おすすめ⑨

この投稿をInstagramで見る

 

@hiasobi.82がシェアした投稿

士幌高原ヌプカの里」は、大雪山国立公園内の標高600mの位置にあり、広大な自然の中でアウトドア体験ができる施設となっています。

十勝牛乳を使ったソフトクリームや士幌名物の「しほろ牛」、「ジンギスカン」など、北海道の美味しいグルメも味わえるので、ぜひ子連れで訪れてはいかがでしょうか?

河東郡|士幌高原ヌプカの里の詳細

施設 士幌高原ヌプカの里
所在地 〒080-1200 北海道河東郡士幌町上音更21-173
入園料 利用施設によって異なる
休園日 4月〜11月 毎週火曜日(祝日、GW、7月第3週〜8月除く)
詳細URL 士幌高原ヌプカの里

ほろのべトナカイ観光牧場|子連れ旅行おすすめ⑩

この投稿をInstagramで見る

 

トオル(@umintyu)がシェアした投稿

トナカイといえば、サンタさんと同じくらいクリスマスには欠かせない存在ですが、何と日本唯一のトナカイ観光牧場が北海道の幌延町にあります。

1袋200円の餌を購入すれば、手のひらで餌やりすることもでき、冬期であればトナカイが引くソリに乗ることも可能です♪

天塩郡|ほろのべトナカイ観光牧場の詳細

施設 ほろのべトナカイ観光牧場
所在地 〒098-3224 北海道天塩郡幌延町北進398-1
入園料 無料
・トナカイえさ
1袋200円
・トナカイソリ(冬期間のみ)
大人510円
小学生200円(小学生未満無料)
休園日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
年末年始(12月31日〜1月5日)
詳細URL ほろのべトナカイ観光牧場

北海道旅行を子連れでするならキャンピングカー が便利!

キャンピングカー旅行

北海道旅行を子連れでする場合、悩むのは移動手段です。
北海道は広いので、バスや車で移動しないといけません。
とはいえ小さい子供がいると、バス移動は大変ですし、タクシーで毎回移動していると費用もかかります。

そのため、北海道旅行を子連れでする場合はキャンピングカーがおすすめです。

キャンピングカーですと、車内にトイレやキッチンがついていますし、仮眠をとることもできます。
また、道の駅巡りをしながら休憩を挟むのも自由です!バス観光のように集団行動じゃない分、自由に旅行が楽しめますよ♪

子連れでキャンピングカーでの北海道旅行を楽しむメリット・デメリット

子連れ旅行②

キャンピングカーで北海道旅行を子連れで楽しむメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分たちのペースで旅行ができる
  • 車内で宿泊することも可能
  • 車内にトイレやキッチンがあるので便利
  • 時間に縛られない

このようなメリットがありますので、子連れで北海道旅行をするにはとても便利ですよね!

反対にデメリットとしては、以下のようなものが挙げられますので確認しておきましょう。

  • 広い駐車スペースが必要
  • 慣れないと運転が難しい
  • 後部座席が揺れる場合がある

キャンピングカーは大きいので、狭い駐車スペースしかない場所ですと不便です。
とはいえ、北海道の観光地の駐車場はどこも広いのでまず困ることはありません。

また、普段一般的な乗用車を運転している場合は、慣れるまで運転が難しく感じるケースもあるでしょう。

この他、キャンピングカーの車種によっては後部座席が揺れやすいので、小さな子供を乗せる場合はいつも以上に安全運転を心がけることが大切です。

北海道旅行をキャンピングカーですると節約になる!

北海道旅行をキャンピングカーで楽しむことで、旅行費用がグンと抑えられます。
ホテルに宿泊するより一人当たりの宿泊費用が抑えられるのに、非日常を味わえるキャンピングカーでの旅行は子供にとっては秘密基地のようでとても喜ばれます。

宿をとる場合でも、子供がいるとバス移動に比べてキャンピングカーが断然楽に移動できるので、時間に縛られたくない方や、子供が周りの人に迷惑をかけるかもしれない…。と気を使うのが嫌な方におすすめです!

また、北海道の大自然では自然の鹿やキツネを見ることができるので、発見したらキャンピングカーを停めて写真を撮って思い出を残すこともできます。

キャンピングカーの中にはペット連れOKのキャンピングカーもありますので、ペットも一緒に北海道旅行に行って家族みんなの思い出作りができます。

北海道の広大な自然やアウトドアの経験が子供の成長につながる!

子供の頃の経験というのはその後の成長にも関わることですから、親御さんにとってはできるだけいろんな経験をさせてあげたいものですよね。

北海道には、いろんな動物を見たり触れたりできる場所がたくさんあり、生き物の生態やどうやって生きているのかといったことを学ぶことができます。

また北海道の広大な自然の中でアウトドアを体験すれば、自分で考える力や達成感などを味わうことができ、そうした経験が子供の成長につながることでしょう。

キャンピングカーを利用すれば、北海道のいろんなレジャー施設や豊かな自然の中で、そういった経験をさせてあげることができます。

何より「キャンピングカーで旅行する」という普段できない経験もできますから、子供にとっては良い刺激・経験になるはずです。

キャンピングカーなら守られている安心感がある!

キャンプなどのアウトドアを子供に経験させてあげる場合、テントの設営や火起こし、調理なども良い経験になりますが、強風や豪雨に見舞われたときに少し心配もあると思います。

しかしキャンピングカーでの車中泊であれば、強風や豪雨に見舞われても守られている安心感がありますし、子供に不安な思いをさせることもありません。

また鍵をかけることもできますので、何かトラブルや事故に巻き込まれる心配も少なく、安心して北海道旅行を楽しめます。

子供を遊ぶことに集中させてあげられる

小さな子供を連れて北海道旅行をする場合、子供が楽しんでいる間は問題ありませんが、移動に疲れて旅行中に不機嫌になってしまうこともあるかもしれません。

キャンピングカーであれば、たとえ遊び疲れても車の中でゆっくりしたり寝て過ごしたりできますし、反対に元気があり余っていてもワクワクしながら移動を楽しむことができます。

そのため、できるだけ子供にストレスを感じさせることなく、遊ぶことに集中させてあげられますし、親御さんにとっては遊び疲れた子供を抱っこしながら移動する負担が減るのもメリットになるのではないでしょうか。

子連れにおすすめの北海道旅行の観光スポット|まとめ

今回は、子連れで北海道旅行をするなら行っておきたいスポット10選と、子連れでキャンピングカーを利用することの便利さとメリットについてご紹介しました。

キャンピングカーを利用して子連れで北海道旅行をするメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 北海道は広いからバスや車移動が基本
  • 子連れでバスは大変だし、タクシー移動は費用がかかる
  • キャンピングカーだと自分たちのペースで旅行ができる
  • 車内にトイレやキッチンがついているので子供にとって秘密基地のよう!
  • 移動も子供に楽しんでもらえる

キャンピングカーで北海道を旅行すれば、子供にとって良い経験・刺激につながりますし、自由に観光スポットを回ることも可能です。

子連れで北海道旅行プランを計画している方は、ぜひキャンピングカーを利用してはいかがでしょうか?
費用も抑えられますし、誰にも気を使うことなく自分たちのペースで旅行が楽しめますよ♪

  • キャンピングカーを利用してキャンプしてみたい
  • 北海道の観光スポットをたくさん観光してみたい

という方は、レンタルキャンピングカーがおすすめです♪
初心者の方でも運転しやすいバンコンタイプのキャンピングカーを取り揃えておりますので、気になる方はこちらをぜひご覧ください!

キャンピングカーの利用を検討されている方はLINEでのご対応も行っておりますので、お気軽にご相談ください☺♪
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

北海道札幌にあるレンタルキャンピングカー事業を営むNORTH WOOD CAMPのブログです。北海道内を旅行する方々に向けて、最新の観光情報や旅行を楽しむ方法などを発信していきます!レンタルキャンピングカーのご予約はこちらから💁🏻‍♀️

コメント

コメントする

目次
閉じる