冬の北海道で車中泊をするのは危ない?移動の注意点やポイントを解説

冬の北海道で車中泊
  • 冬の北海道で車中泊を行うのってやっぱり危険なのかなあ
  • 冬の北海道で車中泊ができるスポットってあるの?

このように考えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では冬の北海道での車中泊の注意点、車中泊ができるスポットについてご紹介していきます!
車中泊時の寒さ対策などもご紹介しますので、合わせてご参考にしてくださいね♪

目次

冬の北海道!移動の注意点とポイント

冬のキャンプ

冬の北海道の道路は雪によって滑りやすく、運転時に油断すると事故に繋がりやすいです。

道外から車を持ってくる場合、スタッドレスタイヤの装備をしないと走れないので、北海道に行く前にしっかりと交換しておきましょう。

また、夜間にはブラックアイスバーンと呼ばれる薄い氷が張って路面が滑る現象が起きやすくなります。

氷が薄いので一見走れるように見えますが、走行しづらく大変危険です。
吹雪などが吹くと視界も奪われるので、危険な状況下の運転は極力控えましょう!

道の駅では車中泊できない?

道の駅は休憩施設であり、車中泊を許可していない場合には車中泊はできません。

夜間には除雪作業もあり、迷惑になってしまうので控える必要があります。
車中泊は禁止ですが、24時間無料で利用できる施設内での仮眠は可能です。

道の駅で睡眠を取りたい、休憩をしたいという場合は施設内を利用しましょう!

冬の北海道での車中泊は寒さ対策を万全に!

冬の景色

冬も営業している北海道のオートキャンプ場で車中泊を行う場合は、体温の低下や体調不良にならないようにダウンジャケットや厚手のアウターなどの防寒着を用意しましょう。

最近ではバッテリーで暖かくなる電熱ベストなどもあるので、さらに身体を暖めたい場合に便利ですよ♪

エンジンを止めた場合でも使える暖房として、FFヒーターも身体を暖めるのに向いています。
ただし、エンジンをかけながらFFヒーターを使うのは危険です

北海道は夜間に数10cm以上、雪が積もる可能性が多分にあります。
寝ている間に排気口を雪が塞ぐこともあり、一酸化炭素中毒を引き起こす場合があるので、使用時は十分な注意が必要です!

北海道で車中泊できるスポット5選!

冬の北海道の路上や駅で車中泊を行うと非常に寒く、体調を崩しやすくなるので事前準備が大切です。
除雪も行われることが多く、どちらにしろ音で目が覚めてしまうこともあり得るでしょう。

そこで、ここからは安心して車中泊できるスポットを5つに厳選してご紹介します!
スポットのアクセス方法、問い合わせ先、宿泊プランについても解説しているので、車中泊をするスポットを探す際の参考にしてくださいね♪

RVパークおおぬま |北海道で車中泊できるスポット

RVパークおおぬまでは、壮大なる駒ヶ岳が望められ、近くにも観光地があり拠点としておすすめです。

大沼湖、白鳥台セバット、山川牧場ミルクプラントなどが近くにあり、思い出に残る旅行になるでしょう。

トイレ、発電機、電源、ゴミ処理にも対応しているので、車中泊ができるスポットとして使いやすくなっています。
車中泊を行う際に、より快適に過ごしたいという方にピッタリな施設です♪

住所 〒041-1354 北海道亀田郡七飯町大沼町206-1
アクセス方法 札幌市から車で約3時間30分
問い合わせ先 080-6975-6416
最寄りの温泉 駒ヶ峯温泉ちゃっぷ林館
おすすめ宿泊プラン RVパーク
詳細サイト RVパークおおぬま

道の駅みそぎの郷きこない|北海道で車中泊できるスポット

道の駅みそぎの郷きこないでは、特産品を集めたショッピングエリアやイタリアンレストランなどがあり、お土産や食事に最適です。

トイレや多目的ルームもあるので、車中泊を行う際も安心して利用できます。

コインロッカーなどもあり、車中泊で利用するユーザーにとって便利なスポットです!
近くには「きこないビュウ温泉 のとや」という温泉施設もあり、身体をリフレッシュすることもできますよ♪

住所 〒049-0422 北海道上磯郡木古内町字本町338-14
アクセス方法 札幌市から車で4時間30分
問い合わせ先 01392-6-7210
最寄りの温泉 きこないビュウ温泉のとや
おすすめ宿泊プラン なし
詳細サイト 道の駅みそぎの郷きこない

札幌小金湯さくらRVパーク|北海道で車中泊できるスポット

札幌小金湯さくらの周辺は農業地域で、自然に溢れリラックスして過ごせるようになっています。

洞爺湖、函館、小樽へのアクセスも良好です!

トイレ、電源なども用意されているので車中泊の際でも快適な利用ができます。
オプションでサウナテント、露天風呂キットがあり、興味がある方におすすめですよ♪

住所 〒061-2274 北海道札幌市南区小金湯675番3号
アクセス方法 札幌市から車で約40分
問い合わせ先 080-4044-8720
最寄りの温泉 小金湯温泉
おすすめ宿泊プラン RVパーク
詳細サイト 札幌小金湯さくらRVパーク

知床清里町ウエネウサルみどり|北海道で車中泊できるスポット

知床清里町ウエネウサルみどりは、静かなスポットとなっていて、リラックスした車中泊が期待できます。

知床の森の中を散策するトレッキングもあり、身体を動かしたい際に便利です。

ゴミ処理、電源、水道、トイレ、Wi-Fiも利用可能なのでストレスフリーな形で過ごせるでしょう。
トイレ、電源なども用意されているので車中泊の際でも快適な利用ができます。
オプションでサウナテント、露天風呂キットがあり、興味がある方におすすめですよ♪

住所 〒099-4525 北海道斜里郡斜里郡清里町緑町71-11
アクセス方法 札幌市から車で約5時間
問い合わせ先 080-9017-4107
最寄りの温泉 緑の湯
おすすめ宿泊プラン RVパーク、MobiHo宿泊
詳細サイト 知床清里町ウエネウサルみどり

RVパーク はこだて緑園通|北海道で車中泊できるスポット

函館市街中央付近にあり、函館観光にピッタリなスポットです。

函館空港、湯の川温泉、五稜郭などに足を運んでみたいという方に向いています!

温泉入浴セットについても併設されているホテルで購入できるので、そのまま温泉に向かうことが可能です。
ダンプステーションも用意されていて、汚水処理をする際にも役立つでしょう♪

トイレ、電源なども用意されているので車中泊の際でも快適な利用ができます。
オプションでサウナテント、露天風呂キットがあり、興味がある方におすすめですよ♪

住所 〒041-0851 北海道函館市本通3-15-11
アクセス方法 札幌市から車で約4時間
問い合わせ先 0138-35-7000
最寄りの温泉 にしき温泉
おすすめ宿泊プラン RVパーク
詳細サイト RVパークはこだて緑園通

冬の北海道での車中泊の注意点、車中泊ができるスポットまとめ

北海道では車中泊ができるスポットが多く用意されていて、活用することで快適な時間が過ごしやすくなっています。

路上や車中泊が許可されていない道の駅で車中泊を行うと、寒かったり、周りに迷惑を掛けたりするので注意が必要です。

体調不良や周りとのトラブルに繋がる可能性もあるので、しっかりとマナーを守って気持ちの良い旅行を心がけましょう!

冬の北海道で車中泊ができるスポットを探す際は、使いやすくて観光施設などにもアクセスが良いスポットを厳選して自分に合った施設に予約して利用しましょう♪

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

北海道札幌にあるレンタルキャンピングカー事業を営むNORTH WOOD CAMPのブログです。北海道内を旅行する方々に向けて、最新の観光情報や旅行を楽しむ方法などを発信していきます!レンタルキャンピングカーのご予約はこちらから💁🏻‍♀️
https://north-woodcamp.co.jp/list/

コメント

コメントする

目次
閉じる